DSC00257
IMG_20181111_145324_resized_20181117_075

毎日の会話から育む

​穏やかな社会

​NHK学園傾聴講座 監修

「温かな聴き手」という
視点から傾聴をご紹介しています
 当団体「アクティヴリッスン」は、傾聴の考えを普及するために2008年に設立しました。
 家族や友人、ボランティア活動など私たちの身近な暮らしに役立つ「日常傾聴」についてご紹介する活動を行っています。
​傾聴を学びたい
暮らしの傾聴講座(当団体主催・オンライン)
 毎日の暮らしと会話に役立てる「日常傾聴」の入門講座など、はじめての方にも安心して学んでいただける傾聴講座を開催しています。講師は当団体の各メンバーが担当しています。
学校法人NHK学園「傾聴講座」
 2011年よりNHK学園通信講座とカルチャーセンターで「傾聴講座」の総監修、講師を担当しています。傾聴というキーワードで集まった仲間と交流しながらきれいな施設で楽しく学べる場です。NHK学園市川スクール・くにたちスクールでは、講座修了者へ「コミュニケーション傾聴士(NHK学園公認資格)」の発行も行っています。
書籍出版
 傾聴の考えをより多くの方に知っていただくための取り組みとして、書籍等の執筆活動を行っています。
​講師依頼
 傾聴講座の講師派遣を行っています。傾聴に関する講演・研修の企画やボランティア団体様の勉強会など、全国どこでもお伺いします(オンライン対応)。ご予算もお気軽にご相談ください。
​ブログ
 傾聴の歴史や当団体の活動をご紹介するブログです。
​傾聴とは(当団体の視点)

 傾聴とは、相手のこころに寄り添う「聴く」技術です。

 そのために、相手の「ありのまま」にこころを寄せる「受容」という姿勢を大切にすることを特徴としています。その本来の目的は、相手をよりよく「知る」ことにあります。

 家族の会話、お友だちとの会話、ボランティア活動での会話。

 どんなに身近な相手でも、自分とは違う相手だからこそ、お互いの気持ちを大切にする傾聴の機会が暮らしのあちこちにあるのではないかと私たちは考えています。

 お互いが笑顔になれる、会話における思いやり。

 毎日の会話にこそ、傾聴のこころを。

 私たちは身近な人との会話を通じて社会をより穏やかにしていくための​活動を2008年から行っています。

インテリアデスクアート
暮らしと傾聴

毎日の生活は様々な人間関係とコミュニケーションの連続です。ちょっとした聴き方の違いで、その会話が穏やかなものになったり、互いに打ち解けるきっかけになったり、相手のケアに繋がったり。傾聴の応用範囲は無限に広がります。

傾聴の基本をマスターして,毎日の暮らしをより豊かにしてみませんか?

公園を歩く家族
家族と傾聴

「なんだ、そうだったのか」とわかることがあんなにも嬉しいのは、何も知らなかったときよりも、ひとつでも家族の思いを知ることができると、なんだかホッとしたり、相手をより身近に感じたりできるからだと思います。

​かけがえのない存在だからこそ、毎日の何気ない会話にも傾聴のこころを取り入れてみませんか?

ボランティアと傾聴

1993年、山形県のホスピスの現場から傾聴ボランティアの活動がスタートしたと言われています。現在では、活動の分野を超え、地域で活躍する多くのボランティアさんが傾聴のこころを活用してくださっています。

当団体では、主に地域自治体より要請を受け、ボランティア活動者や一般の方々に向けた傾聴講座の開催を行っています。

 
​お問い合わせ